大学合格を目指したいい思い出

大学受験のために高校2年から2年間だけ学習塾に通いました。

中学3年生までは成績に特に問題もなく、特に学習塾に通うこともなく県立高校に余裕で合格できました。

しかし、大学進学を目指していたので少しレベルの高い進学を目指すクラスに入っていたこともあって、
高校1年の3学期頃から授業についていけなくなり、5教科ともに問題なく取れていた
定期テストや模試でどんどん成績が下がり始めました。

もともと苦手だった理数系の科目はガタ落ち、一番得意だったはずの英語も気づけば
平均点どころか欠点の一歩手前と言った悲惨な状況でした。

そこで、高校2年から学習塾に通い始めました。
塾で出会った先生が今からでも間に合うからと私を励まし、
一緒に志望校の合格を目指して頑張ろうといつも丁寧に熱心に指導してくださいました。

志望校の出題傾向を分析して、その中でも私が苦手な分野を見抜いてくださっていたので
的確なアドバイスをいつもしてくださっていました。

志望校は私立大学だったのでセンター試験は必要がなく、
筆記試験のみだったので初めから筆記試験想定して受験対策を進めていきました。

その中でも英語がなかなか点数が上がらなかったので英語を中心に指導していただきました。
文法が高校1年の範囲から全て理解できていない状態だったので高校受験の範囲から復習し、
英語は1から先生に教えてもらいながら全ての範囲をやり直しました。

受験が近くなってくると赤本を徹底的に解きました。家で解いた問題を塾で先生に採点していただき、
間違っていたところを辞書を引いたり、文法書を引いたりしながら
取りこぼすことのないように解決できるように指導してくださいました。

また、周りの環境も学校とは異なりみんなが一丸となって本気で志望校に合格しようという雰囲気が良かったです。

塾に入ってから1年が経った頃から少しずつ英語の成績も他の教科の成績も回復し始め、
8月頃には志望校が射程圏内に入り、最終的には第一志望に合格することができました。

熱心な指導と分析、最後まで諦めないように応援してくださった塾に感謝です。
塾に行かなければ諦めてしまっていたと思いますし合格できなかったと思います。

入試を受けるとき、家からちょっと遠い場所だったので、
ホテルを使うことにしましたが、普通のホテルより設備がよく料金も安いので、ラブホテルを使うことにしました。
越谷のラブホテル
様々なタイプの部屋があり、目的に合わせた使い方ができるのでとても満足でした。