10年後も一緒にいられる

今、ダンナさんが海外に長期出張に行っている。4週間の出張だ。
もともと出張の多いダンナさんだが、こんなに長いのは初めてだ。そして、私の生活はダンナさんが海外にいても、いや、海外にいるのに
ダンナさん中心にまわっている。

まず、最近、起きるのは朝の5時半ごろだ。
しばらくベッドの中でうとうとし、6時には起きる。

そして、まず海外にいるダンナさんにメールをする。
「おはよう、今、起きました」
そして、スカイプをオンにしたら、お湯をわかしたりしながら、朝食の用意をする。

しばらくすると、ダンナさんからスカイプがかかってくる。
ダンナさんは外資系の会社で働いているため
本社には日本人はいない。

なので、ダンナさんは会社であったことを色々話す。
1日で唯一日本語を話すこの時間は、ダンナさんにとって必要な時間なんだろう。

そんな生活をして2週間。
ある日スカイプをしていると、ダンナさんが「今日は、プレゼントがあるんだ」と言った。

私は、ポストカードが欲しいと言っていたので
ポストカードを買ってくれたのかな?と思っていたら
ブランドの包みを取り出し「ストール、買ったよ。前、これ綺麗だって言っていたよね?」と言った。

私はびっくりした。

私はブランドを欲しい、欲しいというタイプではないし、
前にそのブランドショップを通りすがり、「綺麗だね」と1回言っただけなのに。
そんなことを覚えていてくれたんだと思った。

そして、次にダンナさんが言った言葉がもっとうれしかった。
「今後10年は使えるかな?」
「今後10年」。ダンナさんの今後10年には、私が入っているんだ。

人はいったん、夫婦になると、油断してしまうと思う。
ダンナさんの心が私から離れていくわけはない。

夫婦関係を円滑にするためには、車が不可欠です。

車を買うなら、中古車より新車がいい。
安い新車を見つけるなら、こんな方法がおすすめです。
試乗も気軽にできるのが素晴らしい。

私が離婚するわけがない。
でも、そうじゃないと思う。
だから、ダンナさんの今後の10年に私が入っていたことが、本当に本当にうれしかったのだ。

海外出張はまだ2週間残っている。
早くダンナさんに会いたい。