まだ、塾通い1年生の新米親です!

3年生となり、塾に通い出した娘は現在4年生。
塾生徒としては、まだ1年生の新米さんです。

今まで宿題をするにもおしゃべりばかりでなかなか手を動かせずにいましたが、
ようやく一人で集中することを覚え出しました。

まだその時間は親としては非常に短く、長くて1時間ほどで、
時にはこちらがずっこけてしまいますが本人は満足しているようなのでまずは良しとしています。

みんなが学校以外でどのように勉強するかを知らなかった、
一人っ子の娘、塾の自習室では自分と同じ学年以外の
下から上の学年までの子たちの様子は、かなり刺激となったようです。

いやいやというよりは、勉強するのは普通のことで、
勉強の中に何かしら少しずつですが楽しみを見つけてきてくれるようになったと感じます。

夏休みには、夏期講習という子供にとってはなかなかハードな勉強生活が待っています。
なにせ、お弁当持参での講習ですから。

でも、この塾にはその前に塾生による1日遠足という行事が組み込まれています。

バーベキューに始まり、流しそうめん。水着や虫取りかご持参で、
川遊び、椎茸狩り、カブトムシ取り。1日思いっきり先生と遊んできます。

初めてこれに参加した時は、娘は流しそうめんに感動したらしく、
そのことばかり話していました。そして、来年も行きたいから夏休みは頑張る!と。

塾の上手な戦略といいますか、楽しみと勉強を上手にバランスを
取っていてくれていることに、親としては感謝の気持ちになりました。

いやいや行くのではなく、楽しみを持っていってくれるとやはりほっと一安心しますから。
また、夏休みくらいは遊ばせようか?と悩む親の気持ちも少し軽減したのを覚えています。

とはいえ、やはり塾。
毎月恒例の全教科テスト。クラス分けも含まれているため、子供より親の方が気があせるように思います。

この点は、我が家ではまだまだ課題ですが、当の本人は頑張ったんだからと比較的クールです。
そのうち、この重みは付きまとってくることなので、おおらかな気持ちで。

今は、元気に塾へ向かう娘を送りだそうと決めています。

塾や学校を考えるとき、気になるのが学区ですね。
通いたい学校が学区内にないときは、思い切って引越してしまうのも手だと思います。
お金に余裕があるならば、家を買ってしまいましょう。
建売を神奈川で探すなら
今はオリンピック前の建設ラッシュなので、建売住宅もたくさん供給されています。
低金利もいつまで続くかわかりませんから、家も買えるうちに買っておいたほうがいいですね!